W不倫ドラマ「あなたのことはそれほど」がやっぱりツライ

W不倫ドラマ「あなたのことはそれほど」の初回感想

探偵,選び方

(写真:公式HPより)

 

W不倫がテーマのドラマ「あなたのことはそれほど」が始まりましたね。

 

 

2年前に不倫ドラマ「昼顔」が放送された時は、旦那の浮気に気づいて間もない頃で。ぐうぜん初回放送を見たのですが、ツラくて2回目以降は全く見る気が起きませんでした。

 

 

9時から稲森いずみさん主演の同級生との不倫ドラマ、10時から昼顔と、不倫ドラマを連続で見てしまったので余計に気分が……。あれ以降、テレビドラマそのものをあまり見なくなりましたね。

 

 

ずいぶん時間が経って自分の気持ちに余裕もできたし、内容も気になったので、初回だけでもと見てみました。

 

 

ページの最後に、ドラマを無料で見られるリンクをのせています。ストーリーを知らずに読みたい方は、そちらへお進みください。

 

【目次】

 

火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」の放送時間やキャスト
初回ストーリーの解説
ドラマと原作の違いは?
ドラマを見た感想

 

火曜ドラマ「あなたのことはそれほど」

 

 

2017年4月18日スタート
TBSテレビ
初回視聴率:11.1%
原作漫画:いくえみ綾「あなたのことはそれほど」
 (FEEL YOUNGにて連載中)

 

 

【キャスト】
渡辺美都(わたなべみつ)……波瑠
渡辺涼太(わたなべりょうた)……東出昌大
有島光軌(ありしまこうき)……鈴木伸之(劇団EXILE)
有島麗華(ありしまれいか)……仲里依紗

 

初回ストーリー&設定解説

 

波瑠さん演じる美都は、むかし占い師から「あなたは2番目に好きな人と結婚するといい」と言われた言葉がずっと引っかかっていた。

 

 

婚活に励んでいた26歳のある日、勤務先で知り合った涼太(東出昌大)と出会う。

 

 

涼太は優しい性格で、思ったことを口にするのが苦手。自分のことは後回しにしてしまうところもある。

 

 

美都に出会った時、自分にぶつかって知らんぷりで去っていった人に向かって

 

 

「卵買うたびに半分割れてる呪いにかかれ!」

 

 

と言いたいことを(かわいく)代弁してくれる。その後に言った「お天道様が見てますからね」の言葉は、亡き母の口癖でもあった。

 

 

涼太は初回のデートでは緊張してガチガチ。それでも自分から告白して、デート代は全て払い、気遣いもできるし料理の腕はプロ級。交際から数ヶ月でド緊張の中プロポーズ。

 

 

美都は思ったことは口に出す性格。結婚が自分の夢で、卒業文集にも書くほど。好きな男性のタイプはやんちゃでカッコイイ人。一番の理想は小中学の同級生、有島光軌。

 

 

光軌は初恋の人であり、ホステスをしていた母から自分を守ってくれたことも。いい雰囲気になったこともあるが、誤解したまま彼は突然転校してしまう。その後も似たようなタイプの人ばかり選ぶもののうまくいかない。光軌がこれまで出会った男性の中で一番理想のタイプ。

 

 

彼に言われた「腕細いんだな」の言葉が忘れられず、いつ彼に再会しても後悔しないよう常にダイエットに励んでいる。

 

 

涼太はこれまで付き合った人とは全く違うタイプだけれど、穏やかで優しくて自分を大切にしてくれる文句のつけどころがない相手。

 

 

ずっと憧れていたはずのプロポーズの言葉には、驚くほどトキメかなかった。でも「こういう人と結婚するのが幸せなのかも」とプロポーズを受ける。

 

 

結婚から10カ月ほど経ったある日、美都は偶然あこがれの人光軌と再会。昔話に花を咲かせた流れで、お互いに結婚していることは明かさずホテルへ。光軌の自宅では、妊娠中の妻が待っていた……

 

あなたのことはそれほど ドラマと原作の違い

不倫,ドラマ
画像:祥伝社HPよりお借りしました

 

原作のマンガとテレビではキャラクター設定が違うようで、Twitter上では「テレビ版はもうオリジナル作品」と残念がる声もあがっていました。

 

 

【テレビ】波瑠さん演じる美都にとって、不倫相手の光軌はずっと憧れていた同級生で「ただの初恋の人」。
【マンガ】光軌は小中学の同級生で、憧れの人であり、1度だけの「初めての相手」

 

 

【テレビ】戦略を立てて婚活。子供の頃から”結婚すること”が夢でけっこうピュア
【マンガ】本能のままに生きるタイプ。不倫にも罪悪感ナシ

 

 

【ドラマ】東出さん演じる涼太が最初から狂気じみている
【マンガ】美都の不倫を知って狂気に陥る

 

 

【テレビ】光軌の妻役が仲里依紗で美人すぎる
【マンガ】平凡な主婦

 

ドラマを見た管理人アイの感想

 

いきなり本編とは関係のないことから入りますが、波瑠さん演じる美都が東出さんに向かって「渡辺くん」と声をかけた時、

 

 

渡辺謙の不倫ネタでゴタゴタしている時期に、「不倫役の渡辺」だなんて間が悪い……

 

 

東出さんは、渡辺謙さんの娘さんと結婚した、義理の息子ですしね。そもそも渡辺謙とつながりがあると分かっていて、どうして渡辺の役名で不倫役をさせようと思ったのか(←原作があるからですよね)。東出さんと渡辺謙さんの不倫には何のつながりもないし、ちょっとかわいそうだなと思いました。

 

 

ストーリーですが。
男性が草食系で、料理も夫がメインで作っている夫婦の話。結婚後も「ねぇ、結婚して幸せ?」と聞くのは涼太の方で、美都はあっさりしている。ひと昔前にイメージされた家族像・不倫像と比べると男女逆転の設定になっています。

 

 

ダブル不倫、妻の浮気など、最近の不倫傾向を反映しているんでしょうね。

 

 

ドラマ前半の2人が結婚するまでは、波瑠さん演じる美都に共感できる部分もけっこう多くて、楽しんで見られました。

 

 

恋愛結婚をする人がほとんどの時代といっても、一番好きな人と結婚したと言い切れる人ばかりではありませんよね。私自身、自分の好きなタイプの人とは交際が長続きせず、結婚するならこういう人にしよう、と選んだ部分もあります。

 

 

それでも、この人と人生を歩んでいこうと決めて、相手の性格を受け入れたり、義両親との関係がどうすれば良くなるか工夫したり、違うからこその発見があって楽しく暮らしていました。

 

 

後半に入るといよいよ結婚生活がスタート。まだ美都の不倫が始まっていない時、彼女が寝言で「有島くん」と言うのを聞いて涼太が携帯を見るシーンが出てくるんですが、涼太を明らかに「嫌な奴」と印象付ける設定になっている辺りから違和感が。。。

 

 

不倫をする二人がホテルに入る流れなどは結構リアルで、不倫カップルってこんな風に最初は始まるんだろうなぁ。

 

 

奥さん妊娠中だし!
指輪外してるし!
不倫する男の典型じゃないか!
ゲス男!!!

 

 

と心の声が(笑)

 

 

東出さん演じる涼太がこれからどんな狂気っぷりを演じるかも、ドラマの見どころになる感じでした。

 

 

妻の携帯を見る涼太の顔。

あなたのことはそれほど,感想

 

 

このシーンについてtwitter上に「涼太こえー」「平成の冬彦さん」といった感想がずらり。

 

 

冬彦さん、リアルに知っているのは30代後半か、40歳以上?

 

 

お笑い芸人平野ノラさんが真似しているような、トレンディーな時代に流行ったドラマ「ずっとあなたが好きだった」に出てくる冬彦さんがこちら。

 

不倫,ドラマ 不倫,ドラマ
(写真:NEVERまとめ”佐野史郎の冬彦伝説”よりお借りしました)

 

 

この話も、忘れられない初恋の人がいながら結婚した女性が主人公で、結婚してみたら夫はひっっっどいマザコン。再会した初恋相手との間でゆれ動く話。

 

 

木馬の上で「ママー」と叫ぶ佐野史郎の姿に「キモイ!!!」の嵐がおきて、社会現象のようになりました。どこか意識して作っているんでしょうか。

 

 

ちなみに、このドラマは平成4年放送なので、実は本家も「平成の冬彦さん」です。

 

 

「あなそれ」(と略すらしいです)は、マンガでは最初は普通だった涼太が不倫を知って狂気に陥っていく設定のようですが、最初から狂気じみた人物設定って、視聴率を上げるためなのかもしれないけどズルイですよね。

 

 

パートナーが最初からこんな人なら浮気(不倫)してもしょうがないよね

 

 

って!!

 

そんなことありませんから!

 

大体そのセリフ、大抵の浮気夫(妻)が愛人に言ってる嘘ですから!

 

 

嫁(夫)とはうまくいってない
嫁(夫)とは仲が悪い
ずっとレス

 

 

テンプレートかと思うほどにみんな言うらしいです。そして事実と違うことの方が多いんですよ。

 

 

何らかの問題があるにしろ、たいていは浮気が最初にあって、パートナーは苦しんでおかしくなっていくんです。

 

 

涼太は冬彦さんみたいに結婚後に豹変したわけでもないし、嫌なところがあるならまず話合いでしょ?話を聞いてもらえないとか、どうしても一緒にいるのが嫌なら離婚を考えるのが先でしょ?

 

 

経済的な問題や子供のことなどで離婚を選ばずに、私たちはもうお互い好きなように生きようと決めたあとなら、パートナーは怒らないしおかしくもなりません。

 

 

不倫はする人より、サレる人の方が真面目なことが多くて、だからこそ苦しんでいく。不倫カップルも悩むのか知らないけど、それって自分がはじめたことが原因だし、ツライ時は不倫カップル同士なぐさめあったりして。

 

 

妻の方はひとりで泣きながら、旦那のパンツ洗って、子供のウンコ片付けてるんですよ!

 

 

東出くんの表情も、私は全然笑えませんでした。

 

 

最初見たとき、一瞬「こわっ」とは思ったけど、実際旦那の携帯を見ていたとき、目の前に鏡があったら自分もあんな顔してたでしょうね。

 

 

二人がホテルに入ると所とか、めちゃめちゃ軽いし(泣)でも、実際はあんなモンなんでしょうね。

 

 

「離婚して子供と別れて生活」
「慰謝料請求の可能性」
「相手の旦那に殴られる」
「妻叫ぶ。何ならおかしくなる」
「親泣く」
「職場で知れわたって赤っ恥。場合によってはクビ」

 

 

そんな先のことまで考えて不倫を始める人はいないでしょう。

 

 

チャンスがあるならいただきます!
うまくやればヘーキ!

 

 

そのくらい?

 

 

ドラマではどうなるかわかりませんが、漫画ではホテルでコトが済んだ後、

 

 

「オレ、もうすぐ子供が生まれるんだ」
「大丈夫、私も結婚してるから」

 

 

って会話があるらしいですよ(驚異)

 

 

大丈夫・・・

 

 

じゃねーから!!!

 

 

ネタバレ気味な上に、熱めでスミマセン。

 

 

2回目以降は見るかどうか決めていませんが、自分の精神的にも、昼顔の時のような「見られない」「見たくない」感じはありませんでした。初回はドロドロより、恋愛ドラマのような軽快があったし。

 

 

光軌の妻のカンの良さとか、東出さん演じる涼太の様子とか、また見たいような見たくないような……

 

 

 

 

【関連記事】